のり弁当 - 漫画の感想ブログ -

漫画の読書感想を書いてます。時々、つぶやきもあります。

マンガアプリ内のアプリ広告に驚いてしまった

f:id:ibukiyama:20171214012254j:plain

タブレットでマンガアプリの漫画を読んでいたんですが、一話を読み終わってページをめくるとでかでかと広告が出てきました。ちょっと驚いてしまいました。

今まで、小さい動画広告が入っていたのは気が付いていたんですが、写真のようにドーンと広告が出て来てちょっと見入ってしまいました。

入っていた広告は音楽ストリーミングで話題になった「Spotify」アプリの広告です。ごちゃごちゃしたものではなく、イメージ広告ですね。感覚的には、雑誌のページをめくればバーンと広告ページが出て来たのとまったく同じです。

雑誌に広告が入っていても、あるいは新聞でも、広告ページがあっても特に違和感がないので、広告ページもいいものがあれば見てしまいます。それと同じことがアプリ内で起きたのでかーるく衝撃を受けてしまいました。

インフィード広告(ずらーっと並んだ記事の中にさりげなく入っている記事広告)も、若い人たちは別段気にせず読む、と、東洋経済のサイトかどこかで読んだんですが、このアプリ内広告も、ほんとに雑誌感覚で全然違和感がありません。インフィード広告と同じく、マンガの中に溶け込んでいるといえばいいでしょうか。

たとえば、Youtubeだったら、動画の下にバナー広告が出ますが、あれは邪魔で嫌いです。動画の中の動画広告もちょっとうっとうしい気もします。テレビのCMは抵抗がないのに、なぜかYoutubuの場合の動画広告は邪魔。うまく溶け込んでない、ということでしょうか。ストレスが溜まります。だから、ブラウザの広告カットのアドオンが作られるんでしょうね。

でも、雑誌の広告は邪魔な気はしませんし、マンガアプリ内のアプリ広告も違和感がないです。たぶん自分のペースでページをめくることが出来るからかなと思うんですが。

タブレットで広告ページのスクリーンショットを撮ろうとしたら「このページは出来ません」とご丁寧に案内が出ました。なのでタブレットそのものをスマホで写したのが上の画像です。レンズがくもりソフトフォーカスがかかってますが。

広告制作者もあの手この手でいろいろやりますねー。しかし、違和感もストレスもない広告なら全然平気です。アプリ内のアプリ広告はちょっといいかも。もちろんマンガアプリだから気にならないのと思いますが。

ずーっとガラケーを使ってたもんで、ようやくスマホデビュー。ついでにタブレットも。今頃、何をいってるのかと言われそうですが・・・。

雑記でした。