のり弁当 - 漫画の感想ブログ -

漫画の読書感想を書いてます。時々、つぶやきもあります。

タイムトラベルをせずに過去を変えてしまう漫画『五佰年BOX』

f:id:ibukiyama:20180128220007j:plain

前回の記事に続きタイムトラベル(のような)漫画『五佰年BOX』の紹介です。作者は、宮尾行巳さん。「五佰年」は「いほとせ」と読むのですが、主人公・遠野叶多(とおの かなた)が昔の蔵から発見した箱。実は、その箱の中は中世の日本。

これでは何のことやらさっぱりわからないでしょうけど、室町時代から戦国時代にいた今川義元が生まれた頃の中世の日本(約500年前)と、平成の現在が箱の中で結びつき、中世と現在が同時進行しているという、突拍子もない設定の漫画が、この作品です。

主人公・叶多が蔵の中から見つけた箱の中は、一見すると人や家や畑があるミニチュアの模型なんですが、なんとも驚くのは、このミニチュアの中の人や馬などが勝手に動き回るというか、実物の人間や動物!!500年前の日本が箱の中に存在している、まるであり得ない、想像もできない物語。

主人公は、初めは驚きつつも、ついあれこれと箱の中で起きている出来事に手を貸してしまいます。暴れ馬にぶつかりそうになった女性を助けたり、町の火事を消したり。つまり歴史に干渉してしまうわけです。もちろん、箱の中の世界が500年前の日本だなんて、初めから気づいているはずもないわけで、必ずしも主人公に非があるとは言えませんが。

しかし、過去を変えてしまった以上、お馴染みのパラレルワールドが発生しまうのです!!

主人公の幼馴染で恋心を抱いている女性・和泉真奈が消えていなくなり、代わりに幼馴染の男性・和泉真樹が現れてしまいます。主人公のやらかしてしまった何かで、好きな女性をこの世から消してしまった!!まあ、当然、びっくりもしますし、そもそも主人公は知らなかったとはいえ過去を変えることの意味を全く考えておらず、あたふたしつつも、とにかく何とかしなければ彼女に二度と会えない!!主人公・叶多は失意のどん底

パラレルワールドが実在するのかどうかは誰も証明できないので、想像の域を出ませんが、もし実在するなら主人公がいる世界とは別の時間軸の世界に彼女はいます。しかし、この作品の凄さは、現在と500年前の日本が同時進行している点で、タイムトラベルで過去へ行くことなく、目の前の箱の中の出来事に関わるだけで過去を変えてしまうという点です。凄い発想をする作者だと感心して唸ってしまいます。

さらに、この作品をよくよく考えてみると、箱の中を触ったのは主人公だけなのか?古い蔵の中から見つけた箱。もし誰か他の人物が過去を変えていたら?そして、そもそも誰がこの箱を作ったのだ?

ミックス2巻で一つの疑惑が判明されます。しかし、物語は収集不可能なくらいに複雑になっていて、この先を考えると頭が変になりそうな、そんな現在、連載中の作品です。人の持つ途方もない想像力は、どこまで飛躍できるのか。

主人公の名前、「叶多(かなた)」にはいろいろな意味を含んでいると思いますが、再び彼女に会う望みが叶うのか、遥か彼方の世界へ行ってしまうのか。手に汗握るストーリーなのです!!

ただ今、コミックス2巻が発売中です。